アルタイさんがゆく

おまぬけボーダコリーのアルタイさんと、 やんちゃ爆裂ブルトン娘クルたんの 何て事ない日常生活、旅、そして食。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し変です。

2   0

1週間の入院生活を終え帰宅しましたクルールさん。
帰ってきて1日ですが、入院前と少し違う点がチラホラ見受けられる。
気のせいかとも思ったのですが、
違うような・・・・・

20070609223401.jpg


入院前に比べ、私たちに対しての依存度が高くなった?
(やや分離不安気味?)
私たちが部屋から出て行く(たとえばトイレとか)と大騒ぎで鳴き始めます。
以前こんなこと無かったのですけどね。

トイレのタイミングが少し前とは違うような?
入院前のトイレのタイミングのつもりでいると
失敗させてしまう?

トイレをよくはずす。
こんなこと無かったのですが、
帰ってきてからというもの
トイレとは別の場所でシッコをしてしまうことが多い。
病院では垂れ流しだったのかな?

只今、感覚を戻すべく練習中。
だいぶ元に戻ってきた感じです。

わずか7日間ですが、
生活スタイルが変わると犬も変わってしまうというか
その環境でしょうがなくしていたことが、身についてしまうのか?
以前のスタイルを少し忘れてしまっているのかなあ?

まあ、まだまだどうにでもなる時期でしょうし
生活が戻れば自然と戻るような気はしますが・・・

彼女にとってはとっても大きなといいますか、
何でも無いかのような振る舞いでしたが、
不安な7日間だったのでしょうかねえ。

スポンサーサイト

-2 Comments

ジルパパ says..."クルさん。帰ってきましたね!"
アルクル父様。こんにちは。

なにはともあれ、クルさん、元気にご帰宅でなによりです。

うちでお世話になっている先生が入院させないのは、やはり入院は動物にとっては非常にストレスになるからだそうです。
ブリは脳天気に見えて意外と繊細なところがあるから、きっとクルさん、寂しかったのでしょう。

今は、体と心の傷が完全に癒えるまで、少し甘えさせてやりましょうよ。
2007.06.10 09:54 | URL | #99a9TSNk [edit]
アルクル父 says..."ジルパパさん、こんばんは。"
無事に帰って参りました。

ココのところの悪天候に思い切り遊ばせてやることが出来ず
苦労しております。

入院の弊害が思いのほか大きかったのには
やはり考えさせられました。

普段はそんな素振り見せないクルールですが、
かなりのストレスになっていたのですね。

この週末は家でのんびりと
お互いの1週間分の心の隙間を埋めるべく接しておりました。
もうしばらくはジルパパさんがおっしゃる通り、
付け上がらない程度に甘えさせてあげるようにします。
2007.06.10 21:57 | URL | #lEPD.dko [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arutaisan.blog77.fc2.com/tb.php/287-37061f2b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。