アルタイさんがゆく

おまぬけボーダコリーのアルタイさんと、 やんちゃ爆裂ブルトン娘クルたんの 何て事ない日常生活、旅、そして食。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色があたらない・・・

2   0

私の仕事は、どこかで書いた事あるかもしれませんが、
色を作るお仕事。

今年の1月からは、
自動車のプラスチックパーツ専用の塗料の色を作っているのですが、
これがなかなか大変。

アルタイル 002


一応、設計書があって、
設計書どおりに仕込み色あわせスタートするのですが、
原色の色ぶれや、気温、湿度などの気象条件、塗装条件などもあり、
なかなか再現しない色もあるのですよ。

私、昨日から“どつぼ”にハマッテおりまして、
色が当たらないのですよ!

思いつく手立てを1つ1つ講じていくも再現しない・・・

かなり暑さ寒さに敏感なこの塗料、
ちょっとの温度変化で、
色差(機械で測定する数値)が大きく動いてしまうのですよ。

本日、気温27度、塗料の温度26度で、
少し高めなのか?
塗料が留まってしまい、
若干黒めに仕上がってしまうので、
氷水で冷やして20度に・・・

ですが、本日も再現せず・・・・・


色を作る者にとって、
色が当たらないのが、
一番のストレスなんですよね・・・・・


明日は当てないと、
週末楽しく遊べませんからねえ・・・・

スポンサーサイト

-2 Comments

ジルパパ says..."オリジナルは?"
色の魔術師、アル父さんも手こずる色なんですね。

ところで、オリジナルのほうはどうしてるんでしょう?
オリジナルも塗料はドカッと作っておいて、注文に応じて後から塗るわけですよね。
違うのかな?
そのときの条件で色見が変わらないのかと、素人は心配してしまうのですが・・。

あと、オートバックスとかで売っているタッチペンは、オリジナルの塗料を分けてもらってるのでしょうか?
あれもアル父さんのような職人さんが苦労しているのかな?
2009.05.15 13:11 | URL | #- [edit]
アルクル家 says...""
ジルパパさん、
本日は、おとといから当たらなかった色が丸2日掛かっててようやく当たり、
その後は、立て続けに4色を当て、何とか週末を迎えることができました。
ほっとしております。

オリジナルなボディー本体の色ですが、
やはり(ウチの会社の親会社でもある)Nペイントや、ライバル会社Kペイントなど、
大手塗料メーカーが、同じように作り直接納入しているようですよ。
作る量は、私達が作る量の比にもならない量を1ロットで作ってます。
おそらく5㌧とか、それ以上・・・


自動車メーカーの塗装施設は、
できる限り同じ条件を保てるような設備なのでしょうが、
やはり気象条件や、色のロット間差などで、若干のズレは生じてきます。
ですが、その辺はきちんとした規格があって、
その許容範囲に収まるような努力がなされているのでしょうねえ・・・


それから、量販店やカーショップさんで販売されているタッチペンですが、
アレは、オリジナルの塗料を分けてもらっているわけではないようです。
オリジナルの塗料は、ある程度の熱を一定時間かけないと硬化・乾燥しないようになっていて、
一般家庭では取り扱えないかと・・・

アレは、ウチの会社のようなところで製造したものを(1液タイプの常乾タイプ)、
小分けしているのですよ。

多分あれは、ピタリとあわせるというより、
とりあえず似ている色で塗っておけ!って言う人が買いにくるので、
それほどシビアには合わせていないかもです。
何故そう言えるか!というと、
以前勤めていた調色工場では、
その手の注文もよく受けていたのですが、
ほとんどが微調整なしの配合データー1発で出してましたので、
よ~くわかります。


というところです。





2009.05.15 22:59 | URL | #lEPD.dko [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://arutaisan.blog77.fc2.com/tb.php/763-3521f210
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。